音声POPの効果と適切な扱い方について

音声POPは従来のPOP広告に音楽などの再生機能が付いた物を指します。電子機器の小型化が進んだことにより、安価で音声POPが導入出来るようになったことから、小売店や飲食店などの接客業種で広く普及しています。音声POPは陳列棚やレジ前にも設置出来るように電池式の物が多数を占めるので、場所を問わずに使うことが可能です。その一方で電池切れにならないように定期的な点検が必要になる点を注意します。

音声POPはチラシやポスターと比べて人の目を引きやすく、集客効果が高いのが利点です。その反面、使い方を誤ると他者に不快感を与えてしまう可能性もあるので、配置場所や数、音量の調節には十分に気を配ることを心がけます。

音声POPの導入を適切に行う工夫

音声POPの導入は宣伝効果の向上に繋がりますが、売り上げを増加させるためには音声POPの利点を活かしながら他の面でも工夫を凝らすことが重要になります。チラシなど従来の広告媒体と併用する他、ディスプレイのデザインに気を配るなど宣伝対象のイメージを向上させることが大切です。また、音声POPは動画の再生機能が付いている高級品もありますが、必要な情報が一目で確認出来るチラシやポスターと異なり、一定時間はPOPの前に留まる必要がある点を注意します。そのため、人の出入りが激しい店舗では宣伝効果が低くなってしまう可能性もあるので導入は慎重に判断する必要があります。

商品やサービスの宣伝は利用客に不快なイメージを持たせないことが重要なポイントなので、音声や動画で情報を提供する音声POPを使う際は他の広告媒体以上に取扱いに気を配ることが大切です。

音声POPは、人が通ったらセンサーで自然と音声を話してくれるPOPです。視覚障がい者やお年寄り、また防犯にも関わって来ます。この普及には時間がかかります。