適正診断って何をするの

現在就職活動中の人や転職活動をしている人は一度は聞いた事があるのではないでしょうか。

適正診断とは就活している人がその仕事に対しての適性がどれだけあるのかを客観的に判断するためのテストです。

出身大学や今までの活動歴によってある程度の適性を見ることは出来ますが、その情報だけでは個人の人となりは見えてきません。

そこで客観的な情報を得る為に、この適正診断を行います。

適性診断の最も重要な観点は就活している人材と企業のマッチング度合です。

それに加えて新卒の人は一般常識を備えているかを見れることが多く、社会人としての適性も合わせて見られています。

転職中の人の場合、企業とのマッチング以外にも求めるポストで活躍ができる人物かどうかを見る為に適性診断を活用しています。

適性診断の具体的なテスト項目は?

企業ごとに異なる場合もありますが、大体は二つのテストをする場合が多いです。

一つ目は学力を見るための能力検査があります。

単純な記憶力を見るためのテストだけではなく、思考力や一般的な常識を計る為の内容が多いという特徴があります。

企業によってはどの科目が得意なのか、自社が期待している考え方ができるかを見られているようです。

二つ目のテストは個人の性格を見るための性格検査です。

設問に対して自分がどのように思うか、考えるかを直感的に回答していきます。

性格検査はより個人的な性質を見るための設問が多くあり、どれを選べばいいか等の正解はありません。

企業によって好みの回答などもある為、事前の準備次第では企業からの印象は良くなるかもしれませんが

企業に良く見られようとし過ぎて自分を多く偽る事は、後々になって困る事があるかもしれないので出来れば避けましょう。

適性検査では、求められる資質に合わせて回答を変えたくなるものです。しかし、検査では回答の一貫性や、実際の人物像のギャップなども見られています。嘘は吐かない方が賢明でしょう。