ネットを利用すると電気製品の回路を入手可能

電気製品を自作したい時、自ら回路設計が出来ない場合にはネットを使う事で自作したい回路を入手する事が出来ます。

例えば、ギターエフェクターなどの電気製品は、比較的簡単な回路構成になるので初心者でも作りやすさがあるのでお勧めです。

ギター演奏をしない人などの場合でも、真空管式、トランジスタやICを使ったオーディオアンプなどの電子回路を入手出来るので、電気製品の自作を楽しめます。

回路図を見てアートワークを制作

ネットで回路図を入手した後は、プリント基板の制作が必要になります。

回路図と同じくアートワークが掲載してあれば、透明の用紙にアートワークをコピーして、感光式の基板を使えば簡単にアートワークを制作する事が出来ます。

光を照射して写真の現像と同じような形で基板にアートワークを焼き付ける、エッチング液に浸して余分な銅箔を溶かす、基板に実装する部品の足を通すための穴をドリルを使って開ければプリント基板の完成です。

電子部品は通販サイトで買う事が出来ます

プリント基板に実装する電子部品は通販サイトを利用すれば注文が出来るようになっています。

回路図に記載してある部品のリストを作成して、同じ定数の部品や同一品番の部品がいくつ必要になるのかをまとめておけば、買い忘れを防げます。

手元に電子部品が届いたら、半田ゴテを使って電子部品を実装すれば電気製品のプリント基板が完成します。

後は、ケースを加工してプリント基板を取り付ける、配線を行うなどで自作の電気製品が完成で、電源を入れる前にプリント基板の部品が正しい位置に半田付けが行われているのか、配線が正しいのかを確認して通電してみましょう。

プリント基板設計はインターネットを活用して依頼することが出来ます。見積り依頼も可能であるためあらかじめ費用などを把握することも出来ます。