会社のポリシーを伝えるなら社内研修を

社員研修で最もオーソドックスなスタイルが社内研修です。講習のプロが行うわけではありませんが、会社の社風を受け継いでいくためには必要なものです。また実務に沿った講習を行うことにより、即戦力として教育することが可能となります。経験豊富な社員の研修を受けることで、興味を持って話を聞いてもらえるというメリットもあります。難点としては、体系的に基本的なビジネススキルを教えることが難しい点が挙げられます。

社外研修であれば教育のプロに教わることができる

社外研修という形であれば、専門のプロが教えることでビジネススキルをしっかりと学ぶことができます。さらに講習を受ける人にとって最も必要とするスキルを選択することができるので、効率良く人材育成が行えます。新入社員から管理職候補までそれぞれが必要とする知識や能力を備えることができるので、費用対効果が高いのが特徴です。研修所まで通う必要があることが難点と言えます。

eラーニングの特徴と利点について

最も手軽に受けることができる社員研修がeラーニングです。ネットを使うことで簡単にいつでも受講できるのが特徴です。社員を大勢抱えている企業となれば、受講者を集めて講習を行うのも大変です。そこで自主勉強という形の、eラーニングであれば、業務の合間に受けることができるわけです。課題としては前向きに学ぶ姿勢がなければ身につかないことが挙げられます。このように様々な社員研修が用意されている中で、与えられた条件の中でどれが最も高い成果を得ることができるのかを考えることが大切です。

管理職研修は、企業にとって重要な存在である管理職を育成するプログラムです。管理職候補が企業研修を受講することで、企業の体質改善、売上向上につながります。