青色申告と白色申告の基本的な違い

確定申告の時期になると慌てて1年間のレシートや収支計算などを行って、苦労をしたわりに殆ど税務的なメリットを受ける事のできない白色申告を利用している人も多いと思います。

確かに以前は白色申告にも帳簿の管理などの面において優遇されている部分があったので、例え節税に直接つながらなくても事務的な仕事を軽減するという意味では存在価値がありました。ところが税法が変わってしまい、白色申告でも収支のわかるように記帳や帳簿類を保管しておくことを義務付けられてしまいました。

青色申告は65万円控除という節税効果の魅力のひとつになっていますが、複式簿記での記帳が義務付けられているので、簡単にできる事ではありません。

このような時には、簡易的な記帳でも節税効果が得られる10万円控除を利用するという手段もあります。最大の節税効果は得られないものの、白色申告に比べれば充分に効果があるといえます。

面倒な事は専用のソフトで簡単整理が基本です

個人事業主の確定申告も最近増加傾向にある専用のソフトを用いての確定申告も便利になっています。

以前からこのようなソフトは存在していましたが、使い勝手に問題があったり、ある程度の簿記や経理的な知識がないとかなり難しいという事で敬遠をする人も多かったのも事実です。

しかしながら、開発会社も徐々に使いやすいソフトをつくるようになってきて、現在発売をしているような確定申告の専用ソフトは、とても効率よく経理作業ができるので、多くの個人事業主に利用されています。

使い方も簿記の知識はほとんどなくても65万円控除に対応できる書類作成も可能ですし、10万円控除の申告でもすんなり作成ができるので、時間的な面や精神的な部分でも便利になっています。

青色申告とは、確定申告の方法のうちのひとつで、正規の簿記に基づいた記帳や帳簿を作成することをいいます。類似したものに白色申告があります。