誰でも経験がある引越

賃貸住宅に住んでいる場合なら、何度か引越を経験している人も多いでしょう。新しい住居への引越しはワクワク感もありますが、家の中にある全ての持ち物を新しい住居へ運ぶわけですから、大変と言えば大変ですよね。引越はそうそう簡単に終わるものではなく、一日がかりになってしまうものです。上手くいかない時は、一日どころか何日たっても片付かないなんてこともあるでしょう。整理や片付けがスムーズにいくようにするためには、それらのやり方のコツを知っておくべきなんです。

まずは何より荷造りから

引越は急げ急げとなってしまう場合も多いと思いますが、荷造りをする時には種類ごとに整理しながら行いましょう。ダンボールの数をなるべく少なくした方が運ぶ回数も減りますよね。しかし、無理やり詰め込んだり、一つの箱が重くなり過ぎたりすると、かえって作業効率が悪くなります。引越しのコツは引越し前の段階で如何に整理した荷造りをするかにあるんですよ。キッチン用品だったり、文房具であったりと、しっかり分類して荷造りをすれば、引越し先の整理が格段に楽になります。

それを使う部屋まで運ぶ

引越し先へ荷物を運び入れていく時には「大きな物から」というのが基本です。まずは大型の電気製品です。洗濯機や冷蔵庫はコンセントが届くかどうかの確認が必要です。食器棚やタンス、サイドボードなども最初に運び位置を決めます。荷造りしたダンボールは、キッズ用品は子供部屋、DVD等のAV関連はリビングルームというようにそれらを使用する部屋まで運びましょう。ダンボールを一気に開封する必要はなく、頻度の高い物から少しずつ整理しながら出していくと着々と片付きますよ。

不用品の回収を専門業者へ依頼することで、迅速な対応が期待できるため、不用品が大量に存在する場合には特に役立ちます。