社員研修とはなんなのか

社員研修とは、よく思い浮かべられるものは新入社員に行われるもので新人社員研修があります。新人社員研修とは、社会人になりたての社員に向けて行われるもので、社会人としての一般的なマナーや業務に関する必要な知識を教えるものが基本です。目的としては、社会人としての自覚を持たせることや社会人として必要な技術も習得すること、業務内容を理解して目標を持たせることなどがあります。これ以外にも社員研修はあり、新社会人以外にも行われます。管理職になった場合に管理職研修が行われたり、営業職に向けたセールス研修など職種別の研修もあります。

社内研修の形態・講師

社員研修は、新入社員研修などの場合は、その企業の社員が講師となって研修を進めることが多いです。その場合、講師として選ばれるのは、新入社員の年齢よりもプラスして20歳ぐらいの年齢のその企業においての業務内容を理解し実際に現場を知っている人が望ましいとされています。社員研修は豊富な種類があり、管理職に向けた研修や役職ごとに行われる研修やセールストークの研修、ビジネスマナー研修など必要とされるスキルを習得するための研修などでは、外部から講師を招いて研修を行うことも多くあります。また、実際に講師を招いて研修を行うのではないeラーニングなどインターネットを利用した学習形態もあります。eラーニングは、一度に大勢の社員が集まる必要もないことや講師を招く必要がないことなどから時間とコストの削減ができるなどといったさまざまなメリットがあります。

社員研修とは企業が新人社員に知識を習得させたり、社員が更なるスキルアップのために行う研修のことをいいます。