クラウド管理で行う顧客管理

顧客管理を詳細に行うのは顧客LTV最大化を目指す上で欠かせません。いつどのような形で顧客が商品やサービスを購入してくれたかという履歴だけでなく、その後のフォローとフォロー内容に応じたレスポンスに至るまでを幅広く克明に記録しておくことが重要です。これらを統合的に管理できるシステムを導入することが顧客LTVの最大化を目指す上で基盤になります。それと同時に重要なのが記録するシステムを正しく運用できるインフラを整えることであり、クラウドベースでの管理を行うようにするのが効果的です。顧客による購入や問い合わせ、フォローなどの際に全てワンタッチで記録をシステム上に残せるようにシステムを組んでおくと確実性の高い管理が行えます。

クラウドを使う魅力は情報共有

顧客LTVの最大化をするためには定期的なフォローを行っていくことが必須です。一人の顧客に対して複数の担当者が連絡に当たる場合も多いですが、その情報共有がしっかりとできていないとフォロー忘れや過剰な情報発信が起こってしまうリスクあります。フォローにおける基本的な骨子を顧客ごとに策定し、クラウド上でそれに従って実行されているかを関連する人が全員確認できるよういなるのがクラウドによる顧客管理のメリットです。これによって互いを監視し合い、忘れたときに代わりに実施するといった形で適切なフォローを続けていくことが可能です。情報にはどこからでもアクセスできるため訪問によるフォローを行っているときにも有用なツールになります。

顧客LTV最大化とは、顧客の生涯価値を最大化するためのマーケティング戦略を指し、主に広告業界で使われています。